重度の疲れや不眠を感じたら心療内科へ|早期治療で快適な生活を送る

心療内科で心のデトックス治療

高齢者のうつ病が問題

相談

現在の日本は高齢化社会にあり、高齢者の数が増えています。独居老人の世帯も多く、高齢者のうつ病患者は今後も増えると予測されています。心療内科、精神科、神経内科それぞれには厳密な違いはありません。これを知っておくと、医療機関を選ぶ際に役に立ちます。

View Detail

現代人に必要な病院

カウンセリング

通いやすくなっています

最近は、町中で心療内科を掲げているクリニックを多く見かけるようになりました。本当は精神科の病院なのに、精神科を掲げていると患者さんにとって敷居が高いので、心療内科を掲げているという病院まであるそうです。しかし、精神科と心療内科は実は別物です。精神科は不安や幻覚など心の症状がメインであるときに行く病院で、心療内科は身体に症状がありその原因が心の問題であるときに行く病院です。これを知って、自分の症状にあった病院を選ぶようにしましょう。それでは、ここからは心療内科についてもう少し深く掘り下げてお話しようと思います。新しくできた心療内科を見ると、とても病院とは思えないカジュアルな外装の建物が多くなりました。それのおかげで、心療内科は通院しづらい入りにくい病院ではなくなったように思えます。自分自身で体の変調に気づき、その体の変化の原因がどうもストレスなどの心の問題であると思ったら、気軽に心療内科に行ってみることをおすすめします。自分の話しを聞いてもらうだけでも、心が軽くなり生活しやすくなることがあります。最近元気が出ない方、気分が落ち込んでいる方は、心の風邪をひいているかもしれませんので、一度心療内科に足を運んでみてはいかがですか。

これから

心療内科のこれからはどうなっていくのでしょうか。今、どの年齢層においてもこころの問題を抱えている人は増えてきています。若者に関しては、学校などでのいじめや家庭内の問題などが原因で、心療内科に通う人が増えてきています。最近は犯罪の低年齢化も進んでおり、若者の心療内科受診者は今後増えていくと予想されます。反対に高齢者がこころの病気になる人数も、社会全体の高齢化に伴い増えているのが現状です。老後うつなどの言葉は、最近テレビなどで時折聞くようになりました。高齢者にとって、配偶者の死などの環境の変化や、認知症などの疾患によるもの、介護などからくる疲れなど、こころの病気の要因となりうる要素は多く存在します。これらのことより、今後は高齢者を対象にした、心療内科の需要も高まっていくと予想されています。現在、精神科病院で入院患者さん用のベッド数を減らそうという動きがあります。近い将来、精神に問題があっても簡単には入院せず、通院で症状をコントロールしながら、地域で生活する患者さんが増えることは間違いありません。そのため、これからは心療内科という分野は大切になってくるのです。これからは今よりもっと入りやすく、通いやすい心療内科が増えてくることは必然でしょう。

ちょっと疲れたと感じたら

病院

心療内科と聞いたら、少し戸惑いもあるかもしれません。しかし現代では心の病はなんら珍しい事でもなく、一般的になっているとも言えます。眠れないな、とか、毎日が不安で仕方ないというときは、思い切って受診した方が楽になれるかもしれません。我慢のし過ぎは、何ら良い結果を生みません。是非通院してみましょう。

View Detail

増えている子供の精神疾患

診察

子供の精神疾患の患者が増えています。自分の子供がそれを発症するかどうかは、心療内科で定期的なカウンセリングを受けることで早期発見出来る場合があります。遺伝の可能性も視野に入れ、まずは受診しましょう。

View Detail

病院の選び方

下を向く男の人

心療内科は自分が精神的にどうなっているのか、どのような病気になっているのかを診断してもらうところでして最近では患者の家族が相談することもあるようです。心療内科探しに迷った際には、まず評判をネットで調べてみましょう。

View Detail