重度の疲れや不眠を感じたら心療内科へ|早期治療で快適な生活を送る

ナース

病院の選び方

下を向く男の人

どのような病院か

心療内科はどのようなときに行って診てもらうと良いのか、精神科とどう違うのかよくわからないという人は多く存在しています。心療内科とは、心の病によって体の症状が現れた場合などにかかる診療科です。例えば、原因不明の頭痛や腹痛、倦怠感などに襲われた際に利用することが多いでしょう。精密検査を行っても体の不調が見抜けない場合、心の不調による症状の可能性が高いのです。うつ病といった心の病を発症した結果、朝になると体調が悪くなったり、人混みに酔うようになるケースは少なくありません。そういった症状の治療に力となってくれるのが、心療内科なのです。最近では患者本人ではなく、患者の家族が医師に相談しに来ることもあります。自分の身内が何かおかしな病気になっているのではないかと話しに来るのです。昔はとにかく患者本人を連れてくるように伝えられていましたが、今ではそのような相談を受け付けて患者が病院に来ることができるようにアドバイスをするところも出てきています。

病院を変更するのも1つ

しかし心療内科もいろいろとありまして、どこ行っても良い医師と巡り合うことができるというわけではありません。運悪く感じの悪い医師と出会ってしまうこともあります。人によっては1度行った病院を、たとえ嫌な医師だと感じても我慢して何度も通い続けることがありますが、それはかえって病状を悪化させてしまうことがあるため自分自身が医師と合わない又は嫌な感じがすると思えば病院を変更して良いのです。幸い心療内科は全国各地に多く存在しているので、患者の選択肢は無限大とも言えます。相性の悪い医師にストレスを感じた場合には、かかりつけの心療内科を変えるという選択が重要となるでしょう。心療内科探しに困った際には、ネットの口コミを参考に選んでみるのも効果的です。通販で商品の口コミが閲覧できるように、病院の評判もネットで簡単に確認することが出来ます。病院の雰囲気を確認しておきたいのなら、診察を受ける前に下調べを行いましょう。内装写真や受付時間、場合によっては平均待ち時間が見られるサイトもあるので、それらを参考にストレスのない心療内科を探すと良いでしょう。ただし、心療内科を受診する際には注意点もあります。それは、「内臓の病気である可能性もある」ということです。最初から心療内科を受診しても、原因が臓器による場合はかえってタイムロスになってしまいます。明らかに心の病の場合や、すでに紹介状などをもらっている場合なら良いですが、物理的な激しい痛みに襲われた際にはまず内科を受診しましょう。自分の症状がどちらかわからない場合は、内科や循環器科と心療内科が併設されている医療機関がお勧めです。これならどちらの症状も治療できるので、安心してかかることが出来るでしょう。